車中泊に関するその他の情報
車中泊温泉旅

車中泊で旅行期間中の宿泊費が浮くようになると、これまでより遠くに行きたくなる方も多いはずです。せっかく最低でも一日5000円程度のホテル代や旅館代が他に回せるのですから、見たことない町や景色をその分思いっきり楽しみたいですよね。そのためには、高速道路などの料金もできるだけ安く済ませておきたいですよね。

ETCには早朝夜間割引というものがあります。これは対象道路を一定の時間帯に通行することで、最大で料金が半額になるものです。具体的にはETCが整備された入り口インターチェンジを無線通信により走行して、入り口または出口料金所を割引対象である午後10時から翌朝6時までに通過することが条件です。ただし、走行距離が100キロを超えてしまう場合は適用されないので注意しましょう。

車中泊を行う方の中には、高速道路を使わない方も少なくないようですが、釣りやスキー、スノーボード、キャンプに温泉など、目的地が最初からしっかり決まっている場合は高速を使う方もいるでしょう。そのような場合は是非この割引を利用するようにすると、更に旅行全体の費用を安く済ませることができます。

また、100キロを超えると適用されませんが、回数に制限がないため、大都市近郊区間を一区間だけでも通行する条件を満たしていれば、1000キロ手前で高速を一度降りて、再び乗りなおすということも可能です。これを目的地まで繰り返せば、かなりの高速代を浮かすことができますので是非頭に入れておきましょう。