車中泊グッズのいろいろ
虫除けグッズ

冬の夜中の冷たい風も辛いものですが、夏場に窓を開けて眠っていて、何か所も蚊に刺されて痒さで目が覚めるのも非常に不快なものです。目を覚まされたあげく、痒くて眠れないなんて経験は日本人の方のほとんどが経験しているのではないでしょうか。

夏場の車中泊においても虫除け対策はとても大切です。車用の網戸のようなものがあれば便利なのですが、商品としてはあまり流通していないようで、夏に車中泊をされる方はそれぞれで色々工夫をされているようです。もちろん網戸の場合、防犯上は窓が開いているのとさして変わらない状態になりますので、治安の面で全く心配がない場所以外では、どんなに暑くても窓を開けて車中泊することは避けるようにしてください。

蚊取り線香を置くことが周りの迷惑にならない場合でも、車内で使うのは危険ですので、車の外などに置くようにしてください。無難で一般的な方法としては、虫除けスプレーを使用すること、また最近登場している電気式の虫除けなどが安全に使えてしかも効果的です。

他にもできるだけ夜は車内灯を落としておき、蛾などの昆虫が集まってこないように配慮する必要もあります。キャンプなどで川や湖などの水際で車中泊を行う場合は、ブヨなど、蚊以上に刺されると痒みや痛みを伴う生き物がいる可能性がありますので、たとえ暑くても、短パンなどは避けて、肌を直接晒さないような服装で備えるようにしてください。野生の蚊やブヨは衣類の上からでも刺してくるので注意が必要です。