車中泊グッズのいろいろ
ポータブルバッテリー

携帯電話の充電、車内のランプ、電気ポットや電気毛布を使用する際など、車中泊において電源の確保ができるかできないかで、車中泊のスタイルに決定的な違いが生まれてしまいます。車中泊に使われる最もポピュラーな電源がポータブルバッテリーです。

ポータブルバッテリーとは、元々は緊急時や災害時などにおける電源確保を目的として作られている持ち運びが可能なバッテリーのことです。最初からDCソケットや充電器などが備わっており、多くの機種は家庭用電源(AV100V)を兼ね備えています。また、バッテリーが突然上がってしまった際などの緊急時にも活躍してくれるので、車中泊をしない方でも必ずひとつは車に置いておきたいグッズだと言えます。

一点、注意事項としては、ポータブルバッテリーも通常のバッテリーと基本的には同じ仕組みですので、過放電には強くありません。ですので、毎回使用する際には完全に使い切ってしまうのではなく、20%程度を残してまた充電するようにしましょう。いわゆる100%使い切ってしまうことを繰り返してしまうと、バッテリーが死んでしまうサルフェーションという現象が起きてしまうことがあります。

価格に関しては幅がありますが、安いものですと1万円弱程度で購入できます。ただ、万が一の際には命綱となるアイテムですので、機能性にもしっかり注意してしっかりしたものを選ぶようにするのが大切です。もちろん車中で使用する電化製品の種類などによっても持ち時間が異なりますので、その点も考慮してください。