車中泊グッズのいろいろ
寝袋

キャンプでの睡眠グッズと言えば、寝袋のイメージが強いですが、もちろん車中泊においても寝袋を使用する方も少なくありません。寝袋も車中泊専用マットやベッドなどに比べると、それぞれメリット、デメリットがあります。もちろん宿泊する場所の気温にもよりますが、スノーボードやスキーなど、冬山の麓などで車中泊をする場合は、登山用の寝袋がその防寒性の高さを発揮してくれますし、ベッドやマットなどに比べてコンパクトでもありますが、そこまで寒くない場合は、逆に毛布や布団のように足を外に出したり、伸ばしたりすることができないので窮屈さを感じるかもしれません。

一方、布団や毛布の場合ですと、身体を自由に動かしやすいけれど、何枚重ねていても足首などが冷えてしまうという方も多いようです。また、当然ですが身体と布団の間に隙間ができるので、そこに冷気が入ってしまうことで寒さを感じてしまう傾向があります。寝袋を購入する際は、適温レベルや最低使用温度という、何度の状況下まで快適に使用できるかの目安がありますので、自分の車中泊のエリアの気候に合わせて、適切なものを選びましょう。

また、値段は少々高めでも、コンパクトで嵩張らないものを選ぶのも、スペースが限られた車中泊グッズとしては大切なポイントです。時と場合によっては、寝袋の性能が命を救うこともありますので、できるだけ機能と性能で選ぶようにしたいですね。中にはマットと寝袋を組み合わせて使う人もいるようです。