最近旅行や移動のひとつのスタイルとして、車中泊が話題になっています。

ホテルや旅館などの費用が浮くという経済的なメリットもさることながら、スケジュールを気にせずに自由に行動できることに、多くの方が魅力を感じています。

デメリットとしては、セキュリティやプライバシーの確保が必要な事、トイレや水道などの生活インフラをどのように準備するかなどの不便さもありますが、それを補って余りある楽しさがあると感じる方が増えているようです。

その証拠に現在ではインターネットや雑誌、書籍などにおいても車中泊を専門に扱うものがあり、車中泊専用グッズもベッド、まくら、サブバッテリー、ソーラーパネルに虫除けグッズ、寝袋にクーラーボックス、車用カーテンなど、車中泊者の旺盛なニーズに応える為に様々な商品が続々登場してきています。

自由が最大の魅力である車中泊ですが、その一方で守るべきルールやマナーも存在します。

特に車中泊の人気スポットである道の駅やサービスエリアなどでは、「車中泊」と仮眠、休憩の定義の違いが明確でなく、明確な禁止ルールが設けられないため、一般利用客の方の迷惑になりかねない場合もありますので、注意が必要です。

車中泊旅行の楽しみ方は人それぞれですが、最近では女性一人でも温泉巡りを楽しむ方が増えてきているなど、多くの車中泊ファンが生まれています。

宿泊施設の中にも温泉や食事のサービスを、部屋を取らない車中泊者にも提供し始めるといった動きが生まれており、今後同様の施設が増えることが予想されています。高速道路を使用する際にも時間帯や通行区間によっては大幅な割引が手寄与す荒れる場合もありますので、賢く使ってお得に車中泊旅行を楽しみたいですね。

一方で、エコノミー症候群やバッテリートラブル、慣れない雪深いエリアでのトラブルや真夏の熱中症など、車中泊に伴う独特の注意事項もありますので、初めてチャレンジする方は事前に安全に楽しめるよう、一定の計画と下調べをすることが大切です。